住宅などの不動産には、税金が発生します。
買ったり売ったりしたときだけではなく、リフォームした時や人に貸す時にも税金の事を知っておく必要があります。
それらについて簡単に説明していきます。
まず、不動産取得税があります。
この税は、不動産を取得した時に、その不動産のある都道府県が取得者に対してかける税金です。
固定資産税評価額に対し原則4%がかかります。
消費税もかかります。
土地の取得に対しては消費税は非課税となりますが、建物や不動産仲介手数料に対しては税金がかかります。
登録免許税もあります。
この税は土地や建物の登記の際の税金で、所有権に関わる登記、抵当権の設定登記、贈与や相続の際の移転登記などの際に発生します。
印紙税も掛かり、この税は住宅の売買契約書やローンの契約など契約書にかかる税金です。
具体的な税額は契約書に記載された金額によって変わり、収入印紙を契約書に貼付し印鑑を押して納税を行います。
その他に、贈与や相続などに対しては贈与税や相続税がかかります。
また、住宅は保有しているだけでも毎年税金が発生します。
それが固定資産税と都市計画税です。
固定資産税は、毎年の1月1日に土地や家屋、償却資産を保有している人に対してかかります。
資産の価格を元にして税額が算出され、市町村に納める税金となります。
都市計画税は、道路や公園などの都市計画事業に用いられる目的税であり、市街化区域に土地や家屋を所有している人が納めます。
また、賃貸事業を行った場合には、所得税や住民税が発生します。
ここまでは負担のかかる税に関する話でしたが、リフォームでは税金に控除を受けられる場合があります。
耐震やバリアフリー化、省エネ化した場合などに、一定の基準を満たしていれば、控除を受ける事が出来ます。
ここで取り上げた税が全てではありませんが、このように住宅に関しては様々な税が関わってきます。
負担ばかりではなく、リフォームの場合は控除が受けられる事もあります。